午後から内視鏡

 

忙しい会社員や自営業の方は胃や腸の具合が悪くても仕事の関係で午前中に医療機関を受診するのが困難な場合が多いと思われます。そのため本当に具合が悪くなってから医療機関に搬送されるということも稀ではありません。また、とくに胃腸関係の検査は前日夜から絶食の状態で来院しなければならず、患者さんが多く診療に時間がかかってしまった場合、検査がお昼近くになってしまったりと、さらに長時間の絶食を余儀なくされるということもよくあることです。したがって、会社員の方は午前、場合によっては午後の勤務も休まなければならなくなってしまいます。
当院ではそのような方々のために、
午後から内視鏡検査を行っております。現在のところ胃内視鏡検査のみですが、検査当日も朝食が摂れて午前中および午後も少し勤務ができますのでぜひご利用ください。(大腸内視鏡に関しては現在検討中です)。

午後から内視鏡ができる条件としては

@朝食は検査の8時間以上前に摂っていること。透明な水分(ex.ポカリスエット)などはお昼頃まで飲水可です。(朝7時に食べ終わった場合15時以降検査可能となります。当然検査当日の朝食は消化の良いものを食べるように心がける必要はあります。)
A午前中通常に勤務ないし歩行等活動できる方。

午後から内視鏡が不適当と考えられる方

@食道や胃の手術を受けた方で、以前の検査で胃内に残渣が残っていると言われた方。
A寝たきり状態の方、日中あまり動けない方。(寝たきり状態ですと胃から食物の排出が悪く検査が困難になる可能性があるからです。同様に夜勤明けで朝食後寝なければならない方などは不適です。)
B消化管狭窄がある方。

以上のような条件がクリアできる方はぜひ
午後から内視鏡をご利用ください。午後は待ち時間も少なく非常にメリットがあると思われます。

                                   BACK